news

2020.09.02

縛られないスタイルの飲食サービス。テイクアウトの『湘南フクモリ』&キッチンカーの『3R』が湘南辻堂にオープン

新しい生活様式が求められる日々のなかで、「飲食店」のあり方も変化をみせているようです。今、そして、これからの時代にフィットする飲食提供のスタイルとして、店を構えず移動ができる「キッチンカー」の需要が高まっています。「密」を回避し、感染リスクを減らす営業形態は、飲食業界や食生活において、新たな希望になるのではないでしょうか。

毎日毎食のご飯が大変だった自粛期間を経てできた『湘南フクモリ』

今までの常識では過ごせない夏となった2020年、ウィズコロナ時代の課題を考えて創られた、新しいスタイルの飲食店が湘南でスタートしました。それが、8月21日(金)湘南辻堂にオープンした、お総菜とお弁当販売のお店『湘南フクモリ』とキッチンカー『3R』。


『湘南フクモリ』は、2009年、東京・東神田にて創業した『フクモリ』の姉妹店で、山形の自然が育んだ食材をつかった惣菜やお弁当のテイクアウトができるお店です。山形の3旅館、湯野浜温泉の「亀や」、天童温泉の「滝の湯」、かみのやま温泉の「葉山舘」による和食のノウハウと山形の自然が育んだ食材をいかした新しい『カフェ定食』として、そして山形のプレスルームとして、食を発信してきた『フクモリ』。山形の食材をつかった惣菜、というコンセプトを継承するテイクアウト、お弁当の販売店として、また、湘南の生産者の食材や加工品なども融合させながら地域に寄り添うサービスを提供していくのだそう。

辻堂在住の店主が約1ヶ月間の自粛期間を経て、「毎日毎食のご飯を作ることが大変」だと感じたことから、その「大変」を少しでもこの地でサポートしたい、という思いが込められている『湘南フクモリ』。食材のピックアップは基本的にセルフサービススタイルで、自由に、安心して惣菜を購入できるよう衛生管理も工夫されており、サスティナブルでゴミを出さないテイクアウトサービスも提案していきます。

ウィズコロナ時代の飲食提供。リスクヘッジしながら、カスタマイズや移動を楽しむお店作り

『湘南フクモリ』の店外に出ると、駐車場スペースに停まっているのがキッチンカー『3R(トリプルアール)』。『3R』には、フクモリで生まれたホットケーキをアレンジしたホットケーキサンデーや、かき氷、などのスイーツメニューが豊富。ドリンクメニューは、オリジナルのレモンシロップをドラフトビールとアレンジしたレモンビールや、自家製レモネード、クリームソーダなど、大人も子どもも楽しめるラインナップです。夕方から夜にかけては、カフェスペースがバーになるので、『湘南フクモリ』でおつまみを買って、『3R』のオリジナルドリンク片手に、キッチンカー横のベンチでゆるりと過ごすというのもまた良いですね。

さまざまな課題をクリアしながらも、独自のスタイルでお店をオープンさせた、『湘南フクモリ』そして、『3R』のプロデューサーで、辻堂在住の小松裕行さん。これからの時代をどう捉え、湘南エリアでスタートした2つのお店にはどのような可能性を見出しているのか、少しお話を聞いてみました。

Q.テイクアウトの『湘南フクモリ』、キッチンカーの『3R』という形態は、ウィズコロナという時代において、どんな利点がありますか?

「コロナウイルスの流行というのは、当たり前だと思っていたいろんなことを見直す機会を与えてくれた現象でした。今までの常識に縛られない生き方や商売のスタイルがあることにも気づけました。例えば、仕事の面では時間や場所にとらわれない働き方ができるようになり、飲食店の経営に関してはイートインスタイルである必要がないのかもしれない、というようなこと。そういった発想から、『湘南フクモリ』『3R』は、場所や形に“縛られないスタイル”のお店にしました。『湘南フクモリ』はテイクアウトにして、店前のテラスやご自宅をはじめ自由な場所で食べていただけるかたちに。『3R』はキッチンカーなので、イベントやフェスに出店して場所を問わず色んな方々に、オリジナルのフードやドリンクを楽しんでいただける。凝縮したスペースに2つの店をレイアウトしたことで、サービスのスタイルがより自由になり、カスタマイズが可能になっています。」

Q.飲食業界でも需要が高まっているキッチンカーですが、『3R』をキッチンカーというスタイルにしたことで、今後どのような可能性が期待できますか?

「3RのRには“Rest, Revive, Restart 休んで、生き返って、また明日”という意味があります。カラダを動かした後=After DOにココロとカラダをメンテナンスできる場所、というのがコンセプトです。ここ、湘南にはスポーツマインドの高い人が多いですし、キッチンカーで出店できるイベントも多く開催されているので、より多くの方々に店舗という場所に縛られずに、ココロとカラダをメンテナンスできる場所『3R』を提供できるのではないかと思っています。デジタルが発展した今の時代、自分たちの発信力と求めてくれる人の相互関係が成立すれば、場所を問わず人が集まって、移動を伴うコミュニティが形成していくのが面白いですよね。飲食ビジネス、という面においては、店舗を構えるよりもキッチンカーの方が全体コストがかからずリスクヘッジもできますし、最近のキッチンカーは塗装ではなくラッピングという方法で衣替えも容易になったので、そういうところもこの時代に合っていると思います。今のコロナウイルスの状況が落ち着いたら、湘南はもちろん各地のフェスやイベントに出店していく予定です。」

柔らかな発想で新たなスタンダードを提案していく『湘南フクモリ』、『3R』の今後の展開が楽しみであると同時に、食の楽しみ方の選択肢が増えていくのは嬉しいことですね。

『湘南フクモリ』 『3R(トリプルアール)』詳細

所在地:神奈川県藤沢市辻堂元町5-2-22
営業時間:
【湘南フクモリ】10:30 – 19:00
【3Rキッチンカー】14:00 – 21:00
HP:
easttokyo.fuku-mori.jp/syounan-fukumori
SNS:
【湘南フクモリ】 Instagram: @shonan_fukumori
Facebook: @shonanfukumori
【3Rキッチンカー】 Instagram: @3r__kitchencar / Facebook: @tripler.jp

Photo by Kenichi Muramatsu,Shinji Yagi