product

2022.08.10

マルチに活躍する、履けるタイプの焚き火エプロン #編集部員のクルマの中

タキビリップストップフィールドエプロン/NANGA

移動とヒトのライフスタイルメディア『noru journal』の編集部員・スタッフたちオススメのカーアイテムとは? どんなプロダクトを乗せてクルマを走らせているのだろうか。「#編集部員のクルマの中」をのぞいてみよう。

今回、クルマの中のアイテムを紹介してくれるのはnoru journal 編集長の村松亮。

PRODUCT連載 | 「#編集部員のクルマの中」記事一覧


空き時間の農作業や草刈りに。クルマに積んでおきたい作業着

常々クルマに常備しておきたいと思う道具は、用途が複数あり汎用性が高いものです。出先で急遽、焚き火をすることはそこまでないけれど、思わぬ空き時間に畑や田んぼで草取りの作業をすることは多々あります。〈NANGA〉の「タキビリップストップフィールドエプロン」の魅力は、難燃素材を使ったエプロンでありながら、フロントからバックまでカバーできるサイズ感とデザインであること。膝下ぐらいの丈なので、ハーフパンツタイプのオーバーオールを上から羽織るような着こなしイメージです。嬉しいことにバックポケットまであって、ポケットは多数あるので作業着として使いやすい収納力があります。

Recommender
noru journal編集長:村松 亮

東京-伊那谷-御代田の3拠点ライフを実践中。会社と編集部は東京なので、週2~3回は出稼ぎに。2022年より、家族と米作りを始めました。IG:@ryomuramatsu

乗っているクルマ:ランドクルーザー80(1993年式)
好きなドライブ:夕景がきれいな日に走る浅間サンライン(浅間山麓広域農道) / 南アルプスと中央アルプスがどちらもくっきり見える日に走る広域農道(駒ヶ根IC-松川IC間)

村松亮さんの関連記事:
PEOPLE | どう乗って、どこへ向かうか。乗る人次第で拡張するもの亮
PRODUCT | これからの時代のクルマ旅ギア by 村松亮
Editors Note| #01 取材から1年。伊那谷のクルマ旅を振り返る

TAKIBI RIPSTOP FIELD APRON
価格:¥17,600

■商品詳細
URL:store.nanga.jp/products/takibi-ripstop-field-apron

[サイズ]フリー
[カラー]BLK/NVY/BEG/AMG
[生地]表地:ポリエステル アラミド混紡(リップストップ)
メッシュ:ナイロン100%

SHOP INFO
取り扱い:株式会社ナンガ
URL:nanga.jp/contact

Photo by Mishio Wada