people

2023.05.17

曲線美に恋をした、喜怒哀楽を共にするパートナー

病院にて人工呼吸器や血液浄化装置などの医療機器の操作・保守点検を行う臨床工学技士として働く齋藤有奈さん。今の職を天職だと捉えており、その職に導いてくれたきっかけが“クルマ”だった。クルマ好きの家系に生まれ、小さい頃からクルマが好きだったことから、工業高校に進学。そして、人の命を救うサポートを工業の知識でおこなえる専門医療職『臨床工学技士』と出合い、今の職に就くことに。
スノーボード、スケートボード、旅行、キャンプとアウトドアを趣味とする彼女にとって、クルマは“日常を豊かにしてくれる乗り物”。そんな齋藤さんの愛車は「MAZDA NDロードスター」。購入前に色々試乗する中で、出合った瞬間、“これだ! オープンカーは今しか乗れない!”と即購入に至った。まさにクルマに恋をした瞬間だった。このクルマの魅力はなんといってもその曲線美。ボディ部分の艶感や独特な立体感は、毎回乗る度に彼女の心をワクワクさせてくれる。仕事の日は心地良いエンジン音が1日にやる気を注入し、休みの日は屋根を開けて風を感じたなら、楽しい気分を連れてきてくれる。彼女にとってクルマは、喜怒哀楽を共にしてくれる存在なのだ。

#112藤有奈

age25

出身地

焼津市

現所在地

沼津市

職業/肩書き

臨床工学技士

SNS/HP

IG:@yuna_571

車種

MAZDA NDロードスター 2015年式

月間走行距離

約700~800km

クルマ遍歴

MAZDA NDロードスター (2019年~現在)→

クルマに求める要素(%)

普段、どのような用途でクルマを使っていますか?

通勤と休日。

このクルマの好きなところ

たくさんありますが、一番はデザインです。
お店の窓ガラスやカーブミラー、タンクローリーの後ろを走っている時などに自分の車が映ると、あ〜このクルマカッコいいと思っています。(笑)

ひとつ改善できるとしたら

旅先でお土産を買いすぎた時に、トランクに乗るかな〜とヒヤヒヤしたり、リクライニングしたいけどできなーいと思うこともありますが、そういったところ(機能性の悪さ?)も含めてこのクルマが好きなので、改善したいと思ったことはありません。

憧れのクルマは

アルファロメオの赤色のスパイダー

あなたにとってクルマとは

色々なことをありがたいと思わせてくれる存在です。
色々なところに連れてってくれることはもちろん、いい天気の中で屋根を開け風を切りながらクルマを走らせて、生きててよかった〜と思える瞬間、クルマを通じて温かい人々に出会う瞬間。(この取材を含む)
そんな素敵な感情をくれるこのクルマには本当に感謝しかありません。これは今後どんなクルマを乗り換えたとしても、ずっと思っていくことだと思います。

photo by Yusuke Mori/text hara kota